お金を借りる為の法則

お金を借りる法則としては、家族から借りるのが大前提となります。なぜなら血の繋がりのある家族からのほうが信頼関係は崩れない。場合により利子なしで借りれるとの利点が生まれます。

最悪、お金を借りなければ行けない最終手段は家族が一番です。後の2点は最悪なケースが生じる可能性があります。友人・消費者金融です。

先ずは友人に関してですが、借りる行為を行うことは信頼関係に傷をつける可能性が多いにあります。お金を返せる環境に仮になった場合、会うことが出来なくなったり同等の立場での会話が出来なくなる、最悪の場合会うことが出来なくなり音信普通になる可能性があります。

私も友人にお金を貸した事がありその後、音信不通となりました。、金額的には大金では無かったので余り後悔はしておりません。後、消費者金融ですがお金を借りる以後支払いはその対価として金利が発生、余分なお金を支払わなければならないとの悪循環を生じます。

只、これまでの話はあくまでも一般的な考え方で場合によりお金を借りることで得を得ることがあります。その得とは実例で挙げますと資産運用についてになります。その場合は消費者金融から借りるのが一番です。

個人事業主の方なら分かるかと思いますが投資に対しての支払いをキャッシュで行うより年間の支払条件を提示して数十年間支払いをすることで確定申告に対して赤字申請となり税金免除となるケースがあります。ただし収入に対しての支払いがイコール出なければなりません。

個人的な意見ですので先ずは税理士に相談した方が得策だと思われます。総論しますと、前者・後者共に一番お金を借りては行けないのは友人にて間違いないと思います。

借りる事でのリスクが生じ揉める原因の元となります。借りる友人がいるのであればきっぱりお断りするか、断れない場合は弁護士交えての借用書作成、実印での正式な書面を交わすことが後々リスク回避への対策になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>